2017年06月14日

2018年ロシアW杯アジア最終予選

日本はすでに予選敗退が決定している
イラクとドローに終わり、勝ち点
17に伸ばしてグループ首位を
守りました。

日本は次戦のオーストラリアで
勝利すれば、最終戦となる敵地・
サウジアラビア戦を待たずに
6大会連続のW杯出場が決定するそうです。

また、日本は3位以内が確定し、
もしグループ2位以内に入れない
場合でもプレーオフに進出する
権利は得たそうです。

酷暑でつかんだ勝ち点1だった。
前半8分、この日に31歳の誕生日を迎えた
本田の右CKをニアサイドのFW大迫が
バックヘッドでゴールネットを揺らして先制しました。

後半26分。
GK川島とDF吉田がボールを
挟んで処理しようとしたが、
相手が勢いよくそのまま突破を図ってきた。
結局お見合いした形になってしまい
ボールがこぼれ、走り込んだMFマフディに
同点ゴールを許しました。

勝っていた試合でした。
イギリスが、吉田と川島を酷評しているそうです。

勝ちたかったですね。


posted by yasu at 11:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする