2017年07月08日

アメリカの雇用統計

米労働省が7日、6月の雇用統計(速報値)を
発表しました。

それによると、景気動向を敏感に
反映する非農業部門の就業者数は、
季節調整済みで前月比22万2000人増となり、
前月(15万2000人増)から増加ペースが
加速したそうです。

前月が低調だったため、米経済の
先行きを懸念する見方も出たが、
雇用情勢の改善が続いていることを
示したそうです。
失業率は4.4%となり、前月から0.1
ポイント上昇したそうです。

アメリカの景気は、不動産と雇用で
見られています。
雇用が改善しているのはよいですね。

景気がよくなっていますね。




posted by yasu at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする