2017年07月20日

セブンのショッピングモール

セブン&アイ・ホールディングスです。

19日、愛知県日進市で建設中の
大型ショッピングモール「プライムツリー赤池」に、
アンドロイドと呼ばれる精巧な人間型ロボットを
導入すると発表したそうです。

アンドロイドは女性タイプで
人工知能(AI)を搭載し、来店客の
問い合わせに応対するそうです。

セブン&アイによると、情報提供が
できるアンドロイドを商業施設に導入するのは
全国で初めてだそうです。
案内カウンターに座り、客が服や食品を
買える場所を尋ねると音声で
受け答えするそうです。

AI搭載のデジタルサイネージ
(電子看板)も案内用に設置し、いずれも
日本語、英語、中国語、韓国語の
4カ国語に対応するそうです。

モールは店舗面積が約4万3600平方メートルで、
飲食店やシネコン(複合映画館)など
約180店が入るそうです。
オープンの時期が11月下旬になるそうです。

AIがどんどん生活に入ってきています。
セブンもいろいろな試みを
おこなっています。

posted by yasu at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする